ボクガホシイノハコレジャナイ

周囲の人には
気持ち悪いくらい繰り返してますが
私は両手ヲリさんが大好きなんです。

何がいいかというと、
虎視眈々とチャンスをうかがって
チャンスが来たら、ガッと獲物を獲りに行く感じが…!

瞬間的な力強さと機動力と儚さを併せ持ってて
…それが美しいんです!

戦争の間の30分弱の間で、彗星みたいな
本当に限られた瞬間、
両手さんはキラリと光るんです。

…って力説するくらい
私は両手さんが大好きです。(はい、気持ち悪いです)

キュンキュン



そして、そこに個性が加わります。
両手さんって、個性が強いw

だから余計、印象に残る職は両手さんなんだと思います。


まあ、これだけ両手ヲリさんスキスキーでも
実際、私が両手さんをやったらリアルで工作員ですけどね!w 

テヘペロ

…正直、自分が両手をするのはとってもつまらないのですが
(だって難しいんだもの!w)

両手むずかしいようー

自分が両手するようになってから、改めて
せーちゃんやルギさん、樹海さんの凄さを知ったw

昨日ですが、私の大好きなカペラで
ぼっち片手の私のとこに、へむさんとゼイ様が両手でPTに入ってくださったんですが、
(うひーなんて、ぺろぺろたいむ!w)
超遠距離ゲーの無理戦場で頑張られてるのを見て
胸が熱くなりました。
(その場で言えなかったけど、へむさんがサイドに回ってドラテしたり、ゼイさんがありえないクランブルしてるところ、めちゃ格好良かったです!w)

私だったら、心のオベが折れて召喚するところなんですがw

ちょうど少し前、両手をやってたんですが
スコアなんて、キル4~5、デッド4~5、与ダメ6~9k とかで
あれー?両手って、何したらいいんだっけ状態だったので余計にw

けど、片手ならまだ「なんとかなる」って思うから
きっと、本業の方もそうなのでしょうね。

そう思えるには、凄く沢山の経験を積まないといけなさそうですが…



せーちゃんから、もらったアドバイスなんですが

人が「こうしたほうがいい」って言って来ると思うけど
、自分がこれが正しいって思うほうを優先してね。

私が「両手さんって、個性強いもんね」って言ったら
「うんうん」って言ってましたw

でね、

両手、上手く行かない
どうしたらいいんだー

って嘆く私に、ぼんた君や樹海さんが
「まず、何を求めるかだよ」って答えました。


私が求めるもの…?

勿論、最低限の職の役割を果たす事や立ち回りが出来るようになりたいんですけど
けど、どう有りたいかという事に関して私は

その人にしかないものが欲しい

って答えましたw
これは本当は両手に限らずなんですけれど


せーちゃんや、樹海さん、ルギさん
そして、昨日ご一緒したへむさんやゼイ様

遠目にみて、ああ、あれは〇〇さんだ
ってすぐ分かる個性…? そいうの。

片手だと、伊藤さんやにゃんちゅさん、
あとは、あの人とあの人…!

その人にしかない、強さ、魅せる瞬間

FEZが好きになって、夢中になってから少しの年月が経って
今一番自分が求めてるものは、そいう部分です。


ドラマチックな瞬間を求めて、また会いたくて
ずっとずっと歩兵をしてるんだw

スコアに捕らわれてしまうときも多々あるんだけど


上手い人と対峙したり、一緒に前線に立って
印象に残る瞬間、感動したり、悔しくなったり

最近は、敵味方ともに 変な被りとか遠距離とか吹き飛ばしにイラっとする所が圧倒的に多いけれど

結局はそいうのを求めて、私は頑張る感じです。

スコア出しても、そいうものがないと
「へー」で終わっちゃうっていうかw

スコア出してても、印象残らない人いっぱいいるし

個性ある人が、その人のやり方でやってて
なおかつ、それでスコアが出た時スゴイって思う!



うー。。

まとまらないw

あ、もすぐお昼だけど
今日は行きにコンビニで生チョコプリンを買ってあって
冷蔵庫に入ってるんですよー ふふふー

うん おなかすいてるから 文章まとまらないんだ
けどブログだから、こんな感じでいいかw

おしまい。仕事に戻りますww (逃

はやくお昼にならないかなー
[PR]
by sciesta | 2011-10-16 10:55 | FEZ | Comments(0)


FEZに命をかけていたゲーマー女子の記録。キャラ名:gracie/graciah/Jitta/じったろ/じた。


by sciesta

プロフィールを見る

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 12月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月

その他のジャンル